『すべての仕事は、○○である』 

文 : おかの ゆみ / 絵 : 山田 響子

 1_メモを拾ううさぎ

うさぎは、いつもの道でメモを拾った。

「すべての仕事は、○○である」

手帳から一枚、抜け落ちたようなクリーム色の紙。
その上にペンの走り書き。

「○○って、何だろう?」

ねずみに訊いてみた。
「何だと思う?」

2_ねずみ

「すべての仕事は、ガマンだよ。来る日も来る日もガマンだよ。暑い日も寒い日も、ガマンガマン。それが仕事ってもんだよ。なぜって?そりゃあ、お金のためだよ。つらい仕事もガマンしてやるんだ。いやな上司やお客にも頭を下げてさ。みんな、そうだろ?」

うさぎは、「そうかなぁ?」と思った。

トラに訊いてみた。
「すべての仕事は、勝負だよ。競争社会だもの。食うか食われるかだよ。どんなに仲が良くったって、いつ誰が敵になるかわからないんだ。毎日、気が抜けないよ。お前もぼやぼやしてっと、食われちまうぞ!」

3_トラ

「ひえぇっ!怖い怖い。でも、一体、誰と何の競争をしてるんだろう?」

カラスに訊いてみた。
「すべての仕事は、遊びだよ。楽しくなくちゃね。わくわくが大好物!仕事はそのついでだよ。遊びだと思えば、何だって楽しくやれるだろ?仲間もいるしさ。あんまりカタく考えることないよ。楽しもうよ!」

4_カラス

「遊び、か・・・。悪くないけど」

ある日、うさぎは、胸に小さなしこりを見つけた。
湖に、紫色のインクが一滴落ちて、静かに広がっていくような、そんな感じがした。

明日、病院へ行こう。

検査をして、先生と話した。
「若年性の・・・」ということだった。

帰り道、ピンクのポップコーンみたいな満開のサルスベリの花の下で、うさぎは立ち止まった。
振り返った足元には、うさぎの影が黒く、ぐっきりと落ちていた。

5_サルスベリと影

「今後、すべての仕事は、遺言になるな・・・」

6_サルスベリ

うさぎは、前を向いた。

「何かを作るのも、運ぶのも、売るのも、結局、何かを表現して、大切な誰かに伝えて、届けるっていうことだ。それが、仕事ってものなんじゃないのかなぁ・・・」

そう、ひとりごとを言った。

「少し、急がなくちゃ」

うさぎは、歩き出した。いつもの道だった。

7_影

(つづく)

「文、絵共に無断転載を禁じます」

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s